It's me.

自分の写真
2歳の娘と0歳の息子がおります。庭と本と手づくりが好き。

2012年5月31日木曜日

FUCHITEI a vous

さて、まだまだたまっている、おいしいレストランの写真、、、
今回は、天白区にある、だだだだだーーい好きな「FUCHITEI a vous」!

誕生日に連れて行ってもらった時のフチテイ :)
我が家ではお互いの誕生日に、主役の人が食べたい物や店を決めて、
ホスト役が事前に予約をしておく、、、という決まりになっているので
3月の私の誕生日には迷わずここを指名したわけです。











誕生日だったのでケーキにロウソクとメッセージを付けてくれて、
気さくですてきなマダムが持ってきて「おめでとうございまーす」と言ってくださったので
他の席のお客さん方からも拍手してもらったのでした。

//////食べたもの//////////////////////////
いろいろ野菜のピクルス
豚のパテ(コルニッションと赤キャベツのサラダ付き)
サヴォア風 胡桃と生ハムのサラダ
愛知産粉雪ポークとプラムの赤ワイン煮 カシス風味
マンゴーソルべ
ガトークラッシック・オ・ショコラ


メニューを観ると本当に食べたいものばっかりすぎるのだけど、
一品ずつボリュームがあるので二人で行くとメイン一皿を分け合ってもお腹いっぱい。
せめて4人くらいで行きたい!

美味しい料理をカジュアルにわいわい楽しめる素敵なレストランFUCHITEI! ;)



2012年5月29日火曜日

入院の思い出

二週間の入院生活は、想像していたよりもずっと快適で心地良いものでした。

自分の治療が予想よりかなり楽だったことも大きいけれど、
病院の環境が良かったから、と、すごく思う。
前の記事で書いたとおり、看護師さん方が本当に天使のようにやさしく(涙)
施設内はいつもきれいに掃除されていて、
ごはんもおいしかった(栄養士さんもすごおくやさしかった!)。

元気だったのですんごく暇だったけれど、
この機会に観たかったDVDを8本くらい?観て、
次のリトルプレスの構想も練って、なかなか充実していたかなとも思う。
最後の3日くらいは思い切って何もせず、ひたすらのんびり過ごした!
それに私は、2週間も居るなら、、、と、自分の枕やクッション、ブランケットなど持ち込み、
雑誌を切り抜いては壁に貼り、自分の部屋のようにして過ごしたのも快適ポイントだったな。
看護師さんたちも興味を持ってくれて仲良くなれたし :)


では思い出を写真で振り返ってみよう、、、















ご飯おいしかった!
(硬いものが食べられないのでお粥なんだけども)










これ、、、術後数日間、私の歯茎に打ち込まれていたネジ・・・!



 退院の日、荷物をまとめてお迎えを待ちながら。



入院日記無事書けました、よかった。


2012年5月28日月曜日

ビストロ La Pêche

入院日記は後回しにして(というと結局書かないかもしれない・・・)、
溜まっているおいしいレストランの写真をアップしようとおもいます。

(あ、これを書いてる今、雷が鳴っている)

上前津にあるビストロ「La Pêche」(ラ・ペッシュ)。
結構前に行ったので、料理の名前とか思い出せずあやふやですが、、、

ディナーとランチとそれぞれ行ったので、まずはディナーから。


パテやら生ハムやらムースやらの盛り合わせ。


エスカルゴ


ステーキとフレンチフライ(このボリューム!)


鴨のコンフィ(付け合わせのポテトが!!!!!)


デザート、ウフ・ア・ラ・ネージュとクレーム・ブリュレ。


///////////////////////////////////////////////////////

続きまして、ランチ

サラダ(砂肝のソテー入り)


人参のスープ


メイン①白身魚のスープ仕立て


メイン②牛のクリーム煮(たしか牛だったはず・・・)


メイン③ソーセージと野菜のポトフみたいなロースト


デザート、洋ナシのタルトとカシスのソルべ


ランチは、実は友人と二人で行ったのだけど、
ランチのメインが3種類あったので「メインぜんぶ一皿ずつください」と注文(笑
そして美味しく完食:)



 はー、見てたらまた食べたくなった。


2012年5月27日日曜日

home sweet home !!

約二週間の入院生活を経て、きのうアパートへ帰ってきました。
我が家はすっきりと片付いていて、風がとおり、猫もいて、からだの力が抜ける、、、
ふぅー

でも入院生活もとても楽しかったなぁ、(暇だったけれど)、看護師さんたちがすごおくやさしくて、「白衣の天使とは言うけれど、ほんとに天使だわ」 と何度も思ったのでした。
とても良い病院で、私は幸運でした。
ごはんもおいしかった:)

入院日記は、気が向いたら書いてみようとおもいます。


そうそう、入院中に金環食があったので、すこしだけ病院を抜け出して裏の駐車場でちらりと観測しました。
あのまぶしいような不思議な暗さのなかで、木陰を探してiphoneで撮った一枚。
日食の木陰・・・




2012年5月17日木曜日

続、病室より

前回の記事でご心配くださったみなさま、ありがとうございます。

私の入院なんてほんとにぜんぜん大したことでないので全く心配いりません。
長年放置していた顎の噛み合わせを治す治療なだけなんです、
やっと治せてすっきりしてます。

はやく退院しておいしいもの食べに行きたいな!


では病室から見える風景でもひとつ。
ちょっと坂道なのね…


病室より

2週間ほどの入院中です、
べつに大したことない入院なので身体はわりと元気。

3食昼寝付きは良いけれどそろそろやる事もなくなってきて(DVDはもう8本くらい観た)、、、
外出できればいいんだけどそれも叶わず。


病室の空気はいつも同じで、締め切った窓からは外のお日様の光も、車の通る音も、遠くの違う世界みたいにぼんやりしている。

暇なので、退院したらすぐに新たなリトルプレス作りに入れるよう、ネタ帳(モレスキン)に色々書き込んでみたり。
そんな五月です…

2012年5月11日金曜日

ベイビーズ 観てきた!

昨日は仕事の後に「ベイビーズ いのちのちから」を観て来た!!

前に予告編を観て、ぜったいにおもしろそうと思ったので期待に胸を膨らませて映画館へ。
そしてそれを裏切らないとっても素敵なドキュメントだった!




アフリカ、アメリカ、モンゴル、日本、それぞれで産まれた赤ちゃんを1年間ひたすら撮り続けた記録映画で、解説はもちろん、それぞれの会話にも字幕などが付かないのと、カメラも赤ちゃんと同じ高さの視線で写しているので、自分も赤ちゃんになったみたいな錯覚になるところがある。

私は子供の頃のこと、よく覚えているので(物事というよりも、当時の感覚を)、なんだかみんながわぁわぁ言ってるけど一体何だろうとか(それは誕生祝いなんだけど)、、、なんだか悪いことをしたみたい(水をこぼして怒られてる)、とか、そもそもそうやって文章で考えられないので、感じるだけなんだけど、そういうのをちょっと思い出した。

すごく良かったのは、ポニジャオとバヤル(それぞれアフリカ、モンゴルの子)が、自然や動物たちに、もみくちゃにされながら力強く日々過ごす様子。
牛にちょっかいだして踏まれそうになったり、タライで風呂に入っていたら、山羊がうしろからタライの水を飲みに来たり、猫の顔をひっぱったり、犬の口に手を突っ込んだり、、、
 動物の方が「遊ばれてやってる」って感じでのんびり構えているのが笑えた。

また、作品中に、同じような行動を国ごとに並べて比較するような編集をよくしていて、たとえばアフリカの子供たちが土や水にまみれて自由奔放に遊んでいるとおもえば日本ではママ友集団がベビーカーをひいて子供を育児教室やピクニックへ連れ出すとか、バナナの皮を剥くアメリカの子供の次に、モンゴルでは子供の隣で家畜の皮を剥いでいるとか、、、

でもなぜか、私にはアフリカやモンゴルの映像の方がむしろ自然で、日本の育児教室のところなんか、すごく滑稽な感じがした。

でも、どんな環境でも、子供はおかまいなし、ひたすら力強く成長してゆくんだ!!という映画でした。
おもしろかった~~


2012年5月8日火曜日

五月の実家

実家は、今が一番きれいな季節。
Most beautiful season has come!
(今日、母のオンライン英会話の授業でやったので英語で言ってみました)










ごはんの写真(上)は、母の作ったいつもの晩ご飯の風景。
山菜の天ぷら、筍の煮たの、筍ご飯、味噌汁、漬物やら菜花のおひたしやら。

ごはんの写真(下)は、ウドとゆで卵のサラダ(ヴィネグレット)、新じゃがとベーコンの牛乳グラタンの晩ご飯、私作。
うど、良い香りだったなぁ。

実家では他にまったく何もせず、寝たりして過ごしました、、、
そういう場所だよね、実家って。
母も祖父も犬も猫も鶏たちも、みんないつも通りですごく平和でした。


2012年5月7日月曜日

季菜口 きっさこ

GWは最後3日間だけ実家に帰省。
大好きな友と、大好きな季菜口(きっさこ)へ行ってきました。
美濃加茂の山奥にある古い家を改装した料理屋さんで、
内装はカフェみたいにかわいいんだけども
出てくるご飯は「カフェめし」というのとはひと味もふた味も違うおいしい料理。
縁側に向う席に座れば、庭を眺めながらご飯をいただけるのです、ステキでしょおー

友との再会と楽しい食事の時間はあっという間に過ぎるものだな。
でも、なんだか勇気と希望が湧いてきたぞ!











*季菜口定食、メインふたつ付けて1600円

山菜の天ぷら
菜花と厚揚げのお浸し
新じゃがとセリのサラダ
わらび豆腐

鰹のステーキ バルサミコのソース
鶏肉と春野菜の南蛮漬け
ワカメと焼き葱のお味噌汁
筍ご飯

*ケーキセット(ケーキ+ドリンク100円引き)
ブルーベリーのタルトとカフェオレ


いつもおいしいんだけどやっぱりこの日もおいしかった!!




//////////季菜口////////////


2012年5月4日金曜日

Docilita Casalinga ドチリタ・カサリンガ!

おいしいお店へ食べに行った記録を
ちゃんと残しておこうと思って溜めこんでいた写真がたくさん。
少しずつアップしてゆこうとおもいます・・・


というわけで、まずは先日行ってきた
ドチリタ・カサリンガ(Docilita Casalinga)!
実家の近くで、「え、あんなところに?」という場所にあるイタリア料理のレストラン。
ほかほかパンからデザートまで、ぜんぶおいしかったーー










覚えている限りのメニューで

アボカドと生ハムの前菜
鱧と山菜のフリット
穴子の香草蒸し
ホタルイカと菜の花のパスタ
仔牛のラグー
白身魚のブロッコリー仕立て
春麗豚のグリル
白インゲン豆のモンブラン。