It's me.

自分の写真
2歳の娘と、産まれたての息子の母になりました。庭と本と手づくりが好き。たまに歌います。

2017年3月24日金曜日

産院より

3月23日午前1時28分、我が家にとって第二子となる男の子が産まれました。
産院の病室よりブログ更新中。



産まれて1日目の息子。
ウールのおくるみは、編み物のじょうずな姉におねだりして編んでもらったもの♡



さて、お産を軽く振り返ってみます。
なかなか産まれないなぁと思っていた予定日前日の夜、いつもより寝付きの悪かったむすめがようやく寝ついた直後に破水。

すぐ産院に電話して、寝ついたばかりの娘を連れて母に車を出してもらい、そのまま入院。
夜も遅いので娘と母には帰宅してもらい、しばらくして職場から産院に向かっていた夫が到着、今回も立ち合ってもらいその後1時間ほどで産まれました。

今回は早かった、やはり2人目だからかな。
しかし産みの苦しみは変わらず…とにかく痛かったー!!!
今回も我を忘れて声が枯れるまで叫んだお産でした…
あーーー痛かった。



でも産みおわってからの開放感は最高(笑)
重い重いお腹や、お産への不安からも開放されて、子供もかわいいし、気分爽快。
朝イチでごはんももりもり食べました。




昼になって、娘が母に連れられ改めて来院。
私の顔を見るなり寂しさから泣き出してしまい、親としても切ない限り。。。

しかしその後、初めて会う弟に自分の食べていたおにぎりを差し出す娘、笑
「わー、あかちゃん!」
「あんよ、ちっちゃいねー」
などと話しながら弟をかわいがってくれました。
しかし家で留守番のあいだ、私と離れてとても寂しそうだったらしい。
「おかあさん」と言って泣いては、母に「お母さんは赤ちゃん産んでるからね、待っていようね」と諭され、その度に泣くのをじっとがまんしていたそう。
まだ2歳だもんね(むすめは3月24日で2歳になりました)。
そんな話を聞くと私も切なくて泣きそうな気持ちになる…
残る入院中、もう少しのがまん、がんばって。




そんな中ですがお母さんは入院生活満喫中です。


娘を産んだのと同じ産院で今回も産んだのだけれど、ここでの入院生活は本当に幸せな記憶しかないのです。
朝からパンケーキとか、焼き魚定食とか、食事メニューが毎度楽しみ。
正直、味と盛り付けはファミレス程度なのだけど(笑)上げ膳据え膳で毎食こんなご飯が食べられるなんて、もう何も文句ありません。



  
今日のお昼はハヤシライス♡
それに魚と野菜のマリネサラダに、野菜スープ、デザート付き。
豪華!!




更に3時のおやつまで♡
今日はオレンジケーキでした、とてもおいしかった!





しかも今日はフットマッサージのサービスまで受けて、もう幸せすぎる。
産まれたばかりの息子はよく飲んでよく寝てくれるし。
娘の出産の時もそうだったなぁ、お乳をたくさん飲んでよく寝てくれたので、入院中は思う存分のんびりできたのだった。



娘は今日も母に連れられてお見舞いにやって来ました。
家では寂しくて泣くこともあるそうだけれど、弟を見ると嬉しそうにしてとてもかわいがってくれるので一安心。



しかしどうしても私以外の人とお風呂に入れないというので、病室内に付いているシャワーに一緒に入り、私が身体を洗ってあげました。
寂しい思いをさせて申し訳ないという思いが先に立ってしまうけれど、夫に「子供は案外すぐに慣れるものだから大丈夫。かわいそうだと思って中途半端に慰めるよりも大人がしっかり割り切ることが大切。今はせっかくの入院生活をゆっくり過ごすことが大事だよ。」
と言われ、それもそうだなと納得。

がんばって産んだご褒美と、これから育児をがんばるための準備だと思って、入院生活を満喫して帰ろうと思います。

退院したら、娘に思いっきり甘えさせてあげよう。
そして夜も今までみたいにぴったりくっついて眠ろう!



2017年3月16日木曜日

3月のあれこれ、2017

1月が終わるころ、あぁもう12ヶ月のうちの1ヶ月が終わった!と思っていたら、もう3月も後半に入っている。。。



我が家の庭では今年もクロッカスが咲きました。




桃の節句には雛人形も出せずに簡略化の極み。
雛ちらしも卵とでんぶのみ、桃の花の代わりに庭の紅梅を添えて。






久しぶりにグラノーラを焼いてみました。
娘も大好きなので簡単な朝食やおやつに食べます。
やっぱり手作りはいいなぁ




暖かい日曜日、家族で"ぶるーいんぱるす"を観に行ってきました。
素晴らしい飛行技術に家族3人で大カンゲキ。





またある日のむすめのご飯、玄米入りゆかりお握りと具沢山豚汁がすっかり定番。
野菜たっぷりなのでこれで完結、1日のうちの朝と夜のどちらか、または両方とも、この献立が並びます。
あとはおかずが付いたり付かなかったり、、、。





もうすぐ2歳になるむすめ、相棒のくまちゃんをおんぶしたい!なんて言うようにもなりました。






もちろん寝るときは必ず一緒。





さて、築45年ほどになる我が家は今週から改修工事が始まりました。







もはや原型を留めていない風呂場。
水周りを中心に直して、庭も整える予定です。





お気に入りだったホロートップの古いガスコンロと、花模様の入ったタイルにもお別れ。
寂しいけれど最後はきれいに磨いてさようなら、お疲れさまでした。






というわけでしばらく実家暮らし。
むすめは日に何度も外へ出て、自然の中で遊び放題の良い暮らしを満喫しております。


2017年1月6日金曜日

2017年お正月

☆2017年明けましておめでとうございます☆




我が家では毎年恒例、実家での年越し。
ムスメは大好きなばあちゃんにくっついて台所仕事。





どうせ実家で母が作っているから、とおせちは自分の食べたい簡単なものだけ作りました。
暮しの手帖に載っていた五目酢和え(ごま入りなます)は、実家の柚子の皮が良いアクセントになって美味しくできた。





もひとつ、毎年正月に作っている豚の角煮。
夫の実家の新年会に持って行くととても喜ばれるので、今年は豚ばら肉2.5キロ分仕込みました。
ほんの少し八角が香って、お肉はほろほろ。
なますとの相性も良いのです。




こちらも恒例になりつつある新年ガレット会。
家族が集まった時にみんなで切り分けて食べます。
フェーブが当たったのは夫!おみくじが凶だったからこれでプラマイゼロってことで、、、






実家に親戚が集まると女子会になる。
女6人で散歩。









正月は連日親戚の家を連れ回され、どこへ行っても一番下なのでみんなにたくさんたくさんかわいがってもらって幸せ疲れのムスメ。







夫の正月休み最終日にはモンキーセンターへ
焼き芋を食べるお猿たちを観に。。。




どこへ行っても道を外れて歩くムスメと、どこまでも付き合うお父さん。



うさぎちゃんふれあいコーナーにて、うさぎを追い回す、、、




しつこく追い回す、、、




そんなこんなであっという間に終わったお正月でした。



妊娠のせいか疲れと眠気がひどく、かなりのんびりしていたけれど
やっと日常が戻ってきたような今日。
料理もやっとマトモにできました。
今日の昼ごはんは具沢山豚汁と、鶏と大根の黒酢煮、ムスメはご飯、私は昨日のムスメの残り物のワカメと煮麺の炒め物。
正月の間はおせちの残りを中心に餅やパンや簡単な麺、冷凍ピザなんかを食べていた、、、

今年も無理せず、楽しいことに目を向けて穏やかに暮らしてゆきたいと思います。