It's me.

自分の写真
4歳の娘と2歳の息子がおります。庭と本と手づくりが好き。

2019年10月2日水曜日

和食、手前味噌、きのこ

 ちかごろどうも愚痴っぽくなっていたような気がするので(特に前回)、スムースにいつものブログに戻ってみようとおもいます。

 ここ1ヶ月ほど、和食をよくたべています。私はどちらかといえば(いいえ完全に)洋食派で、自分ひとりしかいないとなれば朝食はあたたかいパンとカフェオレと卵に、かりかりのベーコンと、できれば新鮮なサラダ、それに果物なんていうふうにしたいのだけれど、子供たちが米をたべたがることと、食費をへらすためと、ついでに夫もだいの和食党(そして油物を控えなければいけない)ということで、私が折れることにしてご飯に合うヘルシーな食事を作るように心がけることにしたのでした。
 でも、たべていると、和食というものはやっぱりしみじみおいしい、、、。

 と言っても子供たちは米ばかり食べて(長女は卵かけご飯、長男はふりかけご飯)あまりおかずはたべないし、私もちょこちょこ料理をしている余裕もないので、とにかく具沢山の豚汁みたいな味噌汁をたっぷり作って、あとはその日のメインおかず(煮物や魚の焼いたのなど)に納豆や冷奴、瓶詰めのご飯のお供などでどうにかこうにか食卓を繕っている感じですけれど。

 でもその具沢山の味噌汁がとにかくおいしいのです。最近の具は、ネギ、人参、油揚げ、こんにゃく、なにかしらのきのこ類、あればキャベツや小松菜などの葉物も。出汁は煮干しを中心に、昆布を入れてみたり、煮えばなに花カツオをふりかけたり。たまにすりごまやごま油を足してみたり。
 味噌は今までは市販品で、おいしくてお値段の高すぎないものを愛用していたのだけど、このたび、ついに自家製味噌を解禁したのです。2月に仕込んだものが、ようやく日の目をあびることになったのですね。そしてそのおいしさにびっくり。これはほんとうに、ご飯におみそつけて食べるだけで満足だわ!というくらいおいしい!
 味噌ってこんなにも旨味があるものなんですね。

 和食は身体や心が疲れている時にとにかく沁みるなぁと思うけれど、たべ始めると、その滋味なるおいしさにしみじみ幸福を感じるもので、最近は私がすすんで和食を作っているのでした。

 ところで先ほど味噌汁になにかしらのきのこ類を入れると書きましたけれども、私は去年テレビで「きのこをたべてウィルスに強いからだにしましょう」とかなんとか言っていたお医者さんの話を鵜呑みにして、まいにちなにかしらの料理できのこをたべ続けたら、子供たちはインフルもノロも感染せず、熱を一度出したくらいで済んだので今年もやはりきのこをたべまくろうと思っています。
 と言っても元々我が家の子供達はインフルとノロは未経験なのですが(アデノウイルスは一昨年やった)。
 とにかく今年もおいしいご飯をたべて平熱アゲアゲでいこうとおもいます。


これは、子供も好きな大豆の甘辛揚げ。
甘辛い煮干と大豆がご飯にもよく合う!

2019年9月21日土曜日

名もなき育児がたいへんだという話

この一週間はとてもハードだった。。。
前回あんな記事を書いていた自分を呪いたいくらい。

でもお掃除は続けたいと思うのです、
やっぱり視界がすっきりしているとそれだけで気分が良いし
逆に視界がごちゃごちゃしているとわけもなくいらいらしたりして。

それに身体が動かないくらい心が疲れてしんどい時も、えいやっとお掃除をすると
案外気持ちがすっきりしていたりして。

 でも育児でたまったストレスっていうのは、昨日今日の話ではなく何年も地味にこころの中に蓄積しているものだから、ちょっと部屋を片付けたからとか、子供と離れて1日どこかでのんびり過ごしたからといって、台風一過の朝のようにきれいに気持ちが晴れるというような簡単なものではないのですよね。
 それを夫になかなかわかってもらえないっていうのがまたストレスだったりして。。。


 そんないらいらのおさまらない私の気持ちを少しでも理解してあげたいと思ったらしい夫が、「やってもやっても終わらない名もなき家事に名前を付けたらその多さに驚いた。」と言う書籍を注文したと言ってきました。

「名もなき家事」といえば、「ゴミ出し」と言う家事の前に必ずやらなければならない、家中のゴミ箱からゴミを集める作業とか、「食器洗い」の後の、食洗機から洗い終わった食器類を出して、乾いている食器を食器棚へ戻しながら、まだ濡れている食器は拭いて食器棚へ戻すという作業とか、、、いわゆる「掃除」「洗濯」「炊事」の陰に隠れている細かくて面倒くさい作業のことですけども、この本の著者でコピーライターの梅田悟司さんはその名もなき家事たちにそれぞれ名前をつけてみたというのです。それがやってみたらあまりに多くて、大変で、ようやく奥さんの気持ちがわかったんだとか。
 紹介されていた記事を少し読んだだけで、そのユーモアに笑いながらも奥さんへの深い思いやりが伝わってきて、涙が出た、、、

 世の中の子持ちのお母さんたちが欲しいのは、夫からの「心からの共感」なんじゃないかなと思うのです、私の場合はそう。
 24時間365日子供と向き合っている私たちに対して、休みの日や家にいる数時間だけしか育児に関わっていない夫たちには、その本当の大変さなんて絶対にわからないと思う。
「ゆうべ子供が夜泣きして寝られなかった」と妻が言ったとして「大変だったね、お疲れさま。昼に寝られるといいね」という、一応相手をいたわっているように見えながらも割と他人事だし結局昼に寝られるからいいじゃん、みたいな返しではなく、「うわ〜それ本当しんどいわ、お疲れさま。これで昼に寝たいって思っても、案外寝かせてもらえないんだよね〜、しんどいよね。よしよし」と言う、ママ友から言われるような心からの共感(笑)といたわりが欲しいのです。
 わがままじゃないよ、おかあさんていうのは、それほど大切にされてしかるべきストレスフルな毎日を過ごしているのです。

 夫婦の育児格差こそ、夫婦関係の亀裂につながるんだと思うな。とにかく育児って、やってみなければわからない大変なことがものすごくたくさんあるんだから。
 我が家は周りから羨ましがられるほど夫が子煩悩でそのうえ私にも優しいけれど、それなのに、それだけでは埋まらない溝があって、やっぱり私も世のお母さんたちみたいに夫の前でひたすらいらいらしてたのです(進行形)。
 それがなんでなのか、実は私も最近までわかっていなかったのだけど、「夫からの共感」だということに最近やっと気づいたのでした。


 と、ここまで語っておいてまだ上記の本は未読なので、夫が読んだら貸してもらおうと思います。
 それにしても名もなき家事といえば、「名もなき育児」だってすごくありますね。この本には名もなき育児も「名もなき家事」として登場するらしいのだけど、「子供を幼稚園に送る」前に、子供たちを家から出す、という作業、や、「歯磨き」の前の、歯を磨かせると言う作業、、、。子供たちに何かをさせようとするたびに、何度もなんども呼びかけて、働きかけて、行動させる。これが毎日毎日、何度も行うことなので、ほんっっとうにしんどいのです。そのたいへんさ、、、やってみないとわからなんだよね。
 とにかくストレスがたまると、ちょっとしたことでも本当にしんどいし、いらいらするものなのです。世のお父さんたち、奥さんの辛さを少しでもわかろうという気持ちを持ってあげてください。
 

 そして、この本の話題で思い出したのは以前見た「タリーと私の秘密の時間」という映画。コメディー枠らしいけど、いやいや、、、現実に起きるホラーかと思うくらいの戦慄をおぼえたのでした。


 ここにも、夫婦間の育児に関する、ある大切なことが描かれているので、旦那さんに見てもらうといいかも。
 うちは以前それとなく勧めたけど見てくれなかったので、今度はもう一度「見てね」と言ってDVDを託してみました。

助けを求めても耳を傾けてもらえない時は、何度でも何度でも諦めず助けを求めよう。
と、海外のカリスマ主婦ブロガーが以前書いていました。

2019年9月12日木曜日

なんだか気分がいい理由

 前回、奇跡のような1日について書いたのだけれど、それには少し理由があったのかもしれない、と後になって思いました。

 それというのも、とある「V.log」を見たことがなんとなく影響しているような気がして。そもそも「V.log」って知っています?わたしは言葉だけ知っていて、観たのはごく最近。「V.log」=「ブイログ」は「Videoビデオ」と「Blogブログ」を合わせた造語で、テキストベースのブログに対して、動画で投稿する日記のことをブイログっていうんだそうです。
 わたしが観たそれは「お掃除がしたくなるvlog」というものでした。たまたまyoutubeのホーム画面に上がってきたので観てみたら、本当にまんまとお掃除がしたくなっちゃって、おまけにその後半には、お掃除をして暮らしをととのえた先には、小さな子供とのこんなに素晴らしい時間が待っているんだよ、と言わんばかりの投稿者の方とお子さんとの素敵な映像が収められていたのです。
 
 なにこれ、すごい!しかも映像の流れがやたらと心地よくて、観ているだけで癒される!と、立て続けに同じ方のV.logをいくつも観て、わたしは完全にその世界に感化されてゆきました。
 そして、映像と同じようにスプレーボトルを持ち出してきて、ガス台も、ダイニングテーブルの上も、棚やレンジの上も拭いて、たまっていたがらくたを捨てたら、台所は見違えるようにすっきりしたのでした。
 
 とまぁそういう一連の流れが実はありまして、それで気分がとても良くなったから、溜め込んでいたストレスも軽くなって、子供たちにも優しくできたのかも。そして子供はおもしろいように親の心を映す鏡のような存在だから、親が穏やかにしているだけで子供の心もずいぶん落ち着くもので、そういうのが影響してあの奇跡の1日は出来上がったのだろうと思ったのです。ちなみに、その次の日も、そのまた次の日も、同じように穏やかに過ぎています。
 
 奇跡と思っていたのは必然だったのかも?と思いつつ、でも今までも同じように色々と試行錯誤してきて、良くなったり、また元に戻ってしまったりして、わたしの心も同じように浮いたり沈んだりを繰り返してきたので、今回もそういうものなのかも、、、とは思うけれど、でも!とりあえずお掃除はもう少し続けてみたいと思うし、今までの積み重ねでわたしのお掃除の腕は10年前よりは確実に上がっているので、少しずつでも前進しているなら、保っていこうと思うわけです。

 というわけで、わたしが見たV.logをリンクしておきます。
 読んでくださった方にも、奇跡の時間が生まれますように!
(you tubeのサブタイトルの設定を日本語にしておくと、日本語字幕で見られます。
 この解説がまた、ぐっとくる!)